名古屋エリアどっとネット

白川郷

image

白川郷しらかわごうは、岐阜県の庄川流域の呼称であり、合掌造りがっしょうづくりと呼ばれる独特な茅葺き屋根の集落がある。1995年に世界遺産に登録された。幾つかの建物は、国や県の重要文化財に指定されて、有料ながら建物の中に入る事ができる。

村内散策

image image

土産屋のエリアがあった。そこに巨大なサルボボが置いてあり、皆で記念撮影をしていた。

image

庄川に掛かる「であい橋」。

image image
image image
image

撮影時は、とても日差しの強い暑い夏だった。冬は一面が雪に覆われ、夜はライトアップされて幻想的らしいので、いつか行ってみようと思う。

image

明善寺と言う、県指定重要文化財。村内で一番大きい合掌造りらしい。

image

駐車場の近くに飲食店があったので、ざるそばを食べた。

和田家

image

和田家は、国指定重要文化財の建物であり、有料だが見学できる。

image

1階は居住スペースのようで、和風の落ち着いた感じだった。

image

2階に上がると屋根裏みたいな場所だった。昔はココで養蚕されていたらしい。

image

2階の窓から見た風景

荻町城跡展望台

image

展望台は主に2箇所、天守閣展望台と荻町城跡展望台があり、撮影は荻町城跡の方。ちょっとした山登りでキツかった。