名古屋エリアどっとネット

名古屋港

名古屋港には様々な観光施設があり、遊び場としては良いスポットだ。

名古屋ガーデンふ頭

image

名古屋港水族館、名古屋港ポートビル、南極観測船ふじ、クルーズ船が着く岸壁などがある。

image image

たまたま撮影時に、大型客船「飛鳥Ⅱ」が寄港していた。率直な感想は、デカいの一言。建物が1回り小さく見えた。2006年3月撮影。

名古屋港ポートビル

image

海に浮かぶ白い帆船をイメージした建物。海洋博物館があるほかに、会議室や展望台などがある。夏期はビアガーデンもやっている。

image image
image image

5階で屋上ビアガーデンをやっていた。メニューの数は少なかったが、代わりに一品あたりのボリュームは多く、また凪いだ風が心地よかった。2009年8月撮影。

南極観測船 ふじ

image

1984年から永久係留され、有料だが船内を見学することができる。パンフレットによると、1965年から18年にわたって活躍し、厚さ80cmの氷を連続して割って進むことができる日本初の破氷船で、地球を約17周もする距離を航海したそうだ。

image image
image image
image image

ブリッジに出られたりと、かなり船内は広かった。なお、航海中を再現するために人形があるのだが、人がいると思って驚いた。2007年10月撮影。

名古屋港水族館

image

名古屋港水族館は、1992年にオープンした南館、2001年に完成した北館の二つの施設からなる。

image image
image image

東海地区の中では、豪華な施設だと思う。

image image

ベルーガ、別名白イルカとも呼ばれるが、イルカに比べて顔がちょっとズングリしていて人間みたいに首が動くようだ。

image
image image
image image
image

イルカのショーは、バカでかいスクリーンや動画のリプレイなど、かなり豪華。水槽の規模も、イルカの数も東海地区で言えば最大規模だ。これでもかと言わんばかりにジャンプしまくっていた。2010年5月撮影。

シートレインランド

image
image image
image
image

遊園地があり、観覧車は結構デカいが、他の施設は小振りだ。2007年10月撮影。

ブルーボネット

image
image image
image image
image

水族館等の施設の対岸にある、フラワーガーデン。水族館川の岸から水上バスで行けるが、車でも直接行ける。施設は大きくはないが、様々な花が咲き乱れていて、雰囲気は良い感じだった。2010年4月撮影。